こころの友だより

トップページ > こころの友だより

こころの友だより

修行

2012年2月22日 18:22

私のお寺の日蓮宗では毎年冬の100日間に荒行と云われる厳しい修行があります。

今年もその修業を無時に終えて、帰ってきたことをご披露する報告式が各寺院で執り行われています。

荒行では、下の写真のように水をかぶり身を清めます。

それも3時間おきに1日に7回も!

水をかぶる以外は何をするのかと言えば、ひたすらお経を読んでいます。

ちなみに睡眠時間は2時間半!

この修業を経て日蓮宗ではお祓いなどを務めることが出来る資格を得ることが出来ます。

「大変な修行ですね、、、。」

と言われることもありますがそのような時私は、それぞれの職業で大変なことはありますから、、、とお答えします。

今日のように雨が降り寒い日でも道路の交通整理などをされている方などにはかないません。!

私は3日も持たないと思います、、、。

 

しかしながら、職業は違っても人のために尽くす喜びは同じだと思います。

ゴールまでの道は違えども、根本では通じるものに違いはないのです。!

 

suigyou2.JPG suigyou1.JPG



ほうきの目

2012年2月10日 09:14

私のところには去年の8月に東京から放射能の心配により引っ越してこられた一家が住んでられます。

一応、去年の年末までの仮住まいの予定でしたが、諸事情により今も生活されております。

家族構成は小学生2人、幼稚園児1人のお子さんを持つ若いご夫婦です。

 

そのご主人から毎朝境内を掃いてほうきの目をつけてもらっております。

早朝に防寒対策ばっちりの服装で30分くらいかけて掃除をされる姿には頭が下がります。

ほうきの目が綺麗についた後に境内の真ん中を歩くのが申し訳無いくらいです。

 

公共の場では特にですが、綺麗にしていると不思議なことに皆、美化意識が高まり汚さなくなります。

それに綺麗に保たれた場所では、自然と心も落ち着いてくるものです。

 

慈光苑も常にそういうところでありたいと思っております!

 

keidai.JPG