こころの友だより

トップページ > こころの友だより

こころの友だより

感謝

2013年4月29日 08:32

近年自分は、多少健康を気にするようになりました。
食事や運動などで予防できる病気であれば、喜んで行っていきたいと思っています。

歳を取り同い年位の人たちが小さな文字を見辛くなってきている様子を近頃良く見かけます。
 
生老病死

こうして平凡な一日を送っている間にも、毎日毎日が老いや病との戦いなんですよね、、。

当たり前にあると思っている、いのちに感謝しなければいけませんね!



1番の宝

2013年4月24日 08:54

自分は今年47歳になりますが、あっという間にこんな歳になったような気がします。

今の男性の平均寿命79歳。
昨日お別れのあった方、行年54歳。
約3年間の闘病だったそうです、、。

また先日、友人から同級生の自殺を聞きました。
なぜ?と思っても本人にしか分からないところも多いでしょうし、すでに悩み苦しんでいる時点で相談出来る精神状態ではなかったのかも知れません。
それにしても悔やまれす、、。

ちょうど今朝のお勤めで日蓮聖人のお言葉が目に入りました。

事理供養御書
いのちと申す物は一切の宝の中に第一の財(たから)なり

1つしかない尊いいのち。 大切に!




穀雨

2013年4月20日 13:32

今日は二十四節気のひとつ、穀雨です。
穀雨とは、田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころだそうです。
次の二十四節気はなんと立夏!
そう考えると時間の経つのは、あっという間ですね。

今日は17歳のワンちゃんのお別れがありました。
ハスキーと柴のミックスで体は大きく15キロ近くあったでしょう。
これ位大きなワンちゃんで17歳はかなり長生きの方だと思いました。
亡くなった原因は老衰。
最後はあまり手もかからないお別れだったそうです。
まさに天寿を全うされたといえるでしょう。

自分のいのちも、そうありたいですね。



散骨

2013年4月18日 09:27

今朝のテレビで散骨についての放送が流れていました。

先日亡くなられました俳優の三国連太郎さんが散骨を希望されていたとのことです。
また、故立川談志さんや梨本勝さんも散骨をされておられます。
近年、一般の方でもこの埋葬方法を選ばれる方が増えているらしい。

人の死後、火葬しそのお骨を墓地に埋葬するという方法は近代になってからのことです。
以前は土葬がほとんどであり年月を経てお骨は土に還っていっております。

仏さまの教えは変わらなくても人々の心は、時代と共に変化していきます。
そうした上で今、散骨を考える方が出てくるのも不思議なことではありません。

テレビで言っておりましたが東京で墓地を求めると約300万の費用が必要ですが、合同で行う一番費用のかからない海洋散骨ですと約4万円だそうです。
後でお墓を管理することもしなくて良いし、残された者へ迷惑をかける事も無い、、。
こういう部分を考えることもあるのでしょう。

お骨が不要である自分の理由をしっかりと持ち、遺族の理解を得られるのであれば散骨も増えてくるかもしれません。
みなさんはどのように考えられますか?



幸せ

2013年4月15日 08:59

本当の幸せとは何でしょう?

お金をたくさん稼ぐこと。
いい車を持つこと。
素敵な家族を持つこと。
人それぞれだと思います。

よく結婚の条件に言われるものに年収があります。
年収が高ければ高い程この幸せを感じることが強くなるそうです。
ですが、アメリカの研究によると日本円で約600万を境に、年収が増えても幸せ感は上がらないのだそう。

生きていくために、お金は必要です。
ですが、幸福はお金では買えないという説も間違いではないのです。

あなたにとっての本当の幸せとは?



佐賀新聞

2013年4月13日 09:28

先日の供養祭の記事が佐賀新聞に掲載されました。
法要後に記者の方に話した記事が載ってますが若干違うところもあるようです。^^;
でも沢山の方のお参りを頂いた雰囲気は伝わっていると思います。

3.31.JPG



早くも、、

2013年4月 3日 19:03

今日は仕事で小城を通りました。
すると、↓すでに鯉のぼりが!

koinobori.JPG

女の子の節句が終わったと思えばもう男の子の節句です!
ほんと時の経つのが早く感じられます。

よその子供さんをしばらくぶりに見ると、その成長ぶりに驚かされることがあると思います。
大人になるとあんまり見た目は変わらなくなりますが、確実に自分たちの命も短くなっていっているんですよね、、。

後悔しない人生を送りたいものです。


供養祭

2013年4月 1日 12:56

昨日、合同供養祭が終わりました。
おかげ様で天気にも恵まれ多くのお方にお参り頂きました。
有難うございました。

特に午前中にお参り頂きましたお方はかなり窮屈な思いをなされた事かと思います。
来年の改善につなげて参ります。m(__)m

kuyousai1.JPG

kuyousai2.JPG

kuyousai3.JPG

kuyousai4.JPG

kuyousai5.JPG